イベント風景の動画ができました!

司会:

村上 志津香

近年まで避難地域だった飯館村のドキュメンタリー映画

予告編映像「奪われた村」

平成30年度福島県県外避難者帰還・生活再建支援補助事業

福島の今と岡山をつなぐ委員会

1999年より農業研修のために福島県へ。

自給的農業を営みつつ、4年間の大工修行の後、自宅を建て大工としても働く。

2011年3月 福島第一原子力発電所の事故により一家で避難。同年8月より、北区建部町吉田に在住。

2011年5月 「子ども未来・愛ネットワーク」を立ち上げ、避難移住者のサポートや保養受け入れなどを行う。

原発災害についての講演活動は、岡山を中心とした各地で延べ250回。

2014年ドイツのシェーナウ市から「フクシマの母代表」として名誉賞。

2016年、岡山県議会議員に初当選。1期目。

NPOに関わる福島の子ども達が福島の今を伝えます

​《 福島NPOシャローム 》

持続的な被災地支援をしている音楽団体。音楽と文化活動を同時に打ち出すスタイルで岡山大学、NPO、市や県などコラボすることで独自のコミュニティを生み出している。

​支援活動に関わる人たちから言葉を集めて作った歌をたくさんの場所で歌うことで新たな共感者を募り一緒に支援し岡山でのひまわりプロジェクトを推進し広めている。

​《 ひまわりプロジェクト 》

福島で手作業によって搾取する高品質なひまわり油を作っていたが、東日本大震災行こうの風評被害で福島で育ったひまわりを使えなくなってしまった。そこで種を日本全土に預けて開花を楽しんでもらい、種を回収してひまわり油を作るプロジェクトを立ち上げた。支援者にも笑顔や繋がりが生まれるハートフルな企画。

福島支援を持続的にしていた岡山アーティストによるライブ

​《 SILVER TONE

持続的な被災地支援をしている音楽団体。音楽と文化活動を同時に打ち出すスタイルで岡山大学、NPO、市や県などコラボすることで独自のコミュニティを生み出している。

​支援活動に関わる人たちから言葉を集めて作った歌をたくさんの場所で歌うことで新たな共感者を募り一緒に支援し岡山でのひまわりプロジェクトを推進し広めている。

​《 岡山歌っこ すずちゃん7歳 》

5歳から岡山を中心にステージ活動中。ひまわりプロジェクトを岡山で推進するかわいいひまわり大使。ひまわりプロジェクトに関わるすずちゃんが感じる何かは未来の日本に必要なものかもしれない。

​《 hall

真庭市中心でひまわりプロジェクトを推進するアーティスト。三線の弾き語りで和を重んじるソロスタイルとポップなバンドスタイルで岡山や東京で活動している。

被災地支援ネットワーク。繋がり理解を深めよう。

​岡山でのひまわりプロジェクト支援者多数出席。